読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯麺と担々麺

日常、windowsという諦念

竜王戦と三浦九段の処分について

久々なのですが、将棋の話題に感じるところがありました

囲碁しか打たないですが‥)

 

今回の三浦九段の問題に関して、以下の2点を書いてみたいと思います

①三浦九段はクロかシロか

②将棋連盟の三浦九段への処分は妥当か

(なんとなくSTAP細胞の時の小保方さんに状況が似ている気もします)

 

 

三浦九段はクロかシロか

 グレー‥としか言えないです。

 個人的には将棋という競技の性質上、処分は仕方ないかと考えています。

 

 間接証拠は結構そろっています。

 離席の多さ、長時間の離席、そして他の棋士からの疑義

 この5人前後の棋士からの疑義は、かなり重要なことです。同僚棋士からの意見が複数あったということは、品位に欠ける行為があったことは否めません。そして性善説や品位を重んじる将棋という競技の性質上、これだけでも十分に問題があったと言わざる負えません。

mainichi.jp

 

 一方で、直接証拠は現時点では0です。将棋連盟が隠し玉を持っているとも思えません(さすがに、盗撮まではしてないはず笑)。

 直接証拠になりうるのは、三浦九段の通信機器(スマホ)のみであり、それが提示されれば、クロかシロかはっきりします。ログは消しても復元できるはずなので、物理的に破壊されない限り問題ないでしょう。

 ですが、まあ現実的ではないでしょうが‥

 

 

将棋連盟の三浦九段への処分は妥当か

 将棋連盟の対応はお粗末だという指摘がTwitter上でも多く見られます。

 一方で、この処分から将棋連盟の温情も感じ取れました。

 

 ソフト使用による不正が判明すれば、三浦九段は除名、将棋界追放が妥当でしょう。それは規約や規則云々ではなく、棋士として将棋を指す品位の問題です。

 橋本八段がここまで憤っているのも、将棋棋士としての品位を汚す行為は受け入れられないためだと思います。

getnews.jp

 

 ここで将棋連盟の処分を考えると、きわめて曖昧です。

 三浦九段への質疑の際に休場するといったのに、書類が出なかったから処分するよー、ってよくわかりません。

 しかも年内出場停止。処分としてのダメージは最小限です。

 

 つまりこの処分には、三浦九段の将棋人生を殺さず、反省してまた頑張ってくれ、という意思が込められているのではないでしょうか。

 将棋連盟は棋士の集まりとして、棋士の人生を失ってほしくなかったのでしょう。

 

 今後三浦九段が弁護士と相談して、舞台は裁判所に移るかもしれません。裁判になれば将棋連盟には証拠がなく、三浦九段が勝利するでしょう。

 しかし、棋士としての矜持を保ちたいならば、品位にかける行為があったことを反省し、また一から、ただ前を向いて進んでほしいです。

www.tokyo-sports.co.jp