読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯麺と担々麺

日常、windowsという諦念

iphone6の使用感

xperiaからiphoneに切り替えてしばらくたつので、雑感をまとめてみます。

買った当初はiphone6sを待てばよかった気もしていたのですが、今はiphone6でも十分だったと満足してます。 

 

Apple iPhone 6 64GB シルバー 【docomo 白ロム】MG4H2J

Apple iPhone 6 64GB シルバー 【docomo 白ロム】MG4H2J

 

主な点としては

①バッテリー

②アプリ

③操作性

です。

 

①バッテリー

たしかにAQUOSやARROWSのように長時間持つものに比べると見劣りしますが、1日は十分に使用可能です。なので特に不自由を感じません。

また、iphone6は80%までは急速充電するのが便利です。充電時間が1時間程度でも6、7割になるのでバッテリーがなくなってもすぐに充電してしまえば問題ありません。

よっぽど外回りが多いとかでなければ不自由を感じないと思います。

 

②アプリ

主要なアプリは問題ないのですが、有料アプリはよくわかりません(無料アプリ以外使っていないので・・・)。

Google系のアプリを中心に利用していますが、map, google, chromeなどは問題なく快適にできます。こうしたところはandroidを使っていた身からするとありがたいです。

最近重宝しているはGoogle photoとGoogle keepです。

photos.google.com

Google Keep - メモとリスト - Google Play の Android アプリ

(keepのほうはandroidアプリですが)

どちらもブラウザとの連携がシンプルなので気兼ねなく、スマホとpcを行き来できています。

 

③操作性

あまりアプリを起動しなければandroidのほうがぬるぬる動いた気がします。Zenfone5を少し使っていましたが動きのスピードはそちらのほうが上だったと思います。

ただ、複数アプリの起動ではやっぱりiphoneのほうがサクサク快適な感じですが、どちらも変わらないかもしれません。

 

シンプルな動きやデザインはiphoneは他を圧倒していると思うので、それをふまえるとiphone6は悪くない選択だったなぁと思っています。