読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湯麺と担々麺

日常、windowsという諦念

ドコモメール

ドコモメールはもはや化石となりつつありますが、一応移行できるのですね。てかこんな面倒なことをしないといけないという点でも、ドコモメール利用者は着実に離れていくわ。

iphone/ipadガイド

ローカルメールをドコモメールサーバにコピー

を使うと少し時間がかかりますが、一応androidからiphoneにドコモメールが移行できます。

ドコモショップの店員さん

docomoさんに基本的にメインのスマホはお世話になっております。

(zenfone買ったのでそっちはmvnoの予定)

機種変更の時にドコモに行くと、こんな感じのスタッフさんもいます。てか半分これ目当て。

今回も美人なスタッフさんにやってもらったのですが、、 データ移行後の前端末の液晶を壊されてしまったようです。うーん。そもそも充電器させない状態で使ってた私が悪いし、どうせ下取り出せるレベルの端末でもないけど。

やや不満か(将棋の観戦記風)

iphone6s発売4日前に、iphone6にしてみました

iphone6s発売を心待ちにしていたのですが、4日前に力尽きました。前の端末がxperia so-03dという3年前の端末だったので、iphone6でも6sでもガジェットの進化を感じられる気がします。

6sについては、ローズに人気が集まってるようですね。予約が取りにくいようで。。ほかの端末については1か月もかからないかも。店員さん(三大キャリア)も

ここはほかの大型店もなく、入荷しやすいかも。穴場といえると思う。

とおっしゃっていました

結局iphone6にしたのですが、悩みどころとしては

  • 容量

でした。容量に関しては128GBもお得ですが、OnedriveとGooglephoto使ってるのでそこまで魅力を感じませんでした。普通に64GBで十分では。色は無難にSilver

初期設定しつつ、androidとの違いを書いていきます。

電王戦最終局がまたもやってしまった件

2局目と同じような感じですね。

プログラムのバグ修正に終わるとか何なんですかね。

 

人間が人工知能に敗れるのはしょうがないことだと思うのですが、その中でデータにはない人間の気迫が見られるのが電王戦なんだと思います。

バグという欠点だけで、人間が悲壮感漂わせて人工知能に勝ってるとこなんて誰も見たくない。

そんなことしたいなら棋士やめてデバッカーにでもなればいいんじゃないですかね。。

(言い過ぎました、すいません)

 

勝ち負けでは表せないことが棋界にはあると信じています。

囲碁将棋?

将棋棋士囲碁棋士はイメージに結構違いがあると思う。

どうも将棋棋士は160人、囲碁棋士は400人いるらしい(goo教えて!より笑)けど、実際ははるかに将棋棋士の知名度が高いと思う。

将棋のほうが囲碁より早く、人工知能に敗れようとしているのに。。

 

将棋棋士のキャラは個性的で、なかなか個が際立っている。

囲碁棋士はどことなく一般的で平凡な印象。ふつーだけど、個性がないしバズることはほとんどいない。

井山裕太が何冠とろうと、佐藤紳哉の桂ネタにはかなわない(比較がおかしいですね、すいません)。

 

電王戦もうまくマーケティングしてるし、将棋と囲碁の格差は広がってる気がする。

20年したら新聞が消えてどっちもなくなるだろうけど、将棋はサバイバル能力がそれなりにありそうですね。

 

 

 

電王戦FINAL第2局

もやもやとする終わり方だった。

拮抗した勝負が続き、棋士優勢の場面で放たれた27角不成。

勝ちが見えていたにもかかわらず、時間を使わせる意味で打たれた。

 

電王戦は棋士がプログラムに屈する過程だと思う。

こうした形での勝利が棋士の尊厳を高めるものなのか。

プログラムのバグを一回つくことが、棋士の凄みを示すものではないと感じる。